シャドバ

シャドウバース、略してシャドバはスマホカードゲームの一種で、フォロワーやスペルなどのたくさんの専門用語や複雑なルールが存在します。
 
TCGに慣れていない人にとっては、それらを覚えるのに一苦労だと思います。
 
そこで、初心者の方向けにシャドバの用語解説と基本ルールの説明をしていきたいと思います。

   

シャドバの基礎専門用語

フォロワーカード

シャドバ フォロワーカード
フォロワーとは、場にプレイ(召喚)して攻撃を行うカードです。
 
左上の数字がコスト(使用するPPの値)、左下が攻撃力、右下が体力を表しています。
 
フォロワーが攻撃を受けると体力が減り、体力が0になると破壊されます。

進化

シャドバ 進化
進化とは、EP(進化ポイント)を使用してフォロワーを強くすることです。
 
進化させることにより、フォロワーの攻撃力、体力、能力が変化します。
 
ターン中に場に出たフォロワーは通常そのターン行動できませんが、進化させることによって相手フォロワーへの攻撃が可能になります。

スペルカード

シャドバ スペルカード
スペルは手札から場に出すことなくプレイすることができ、プレイ後はそのまま墓地に置かれます。
 
スペルには様々な能力があり、スペルを中心にデッキが組まれることもあります。

アミュレットカード

シャドバ アミュレットカード
プレイすることで場に置くことができ、場にアミュレットがある間そのカードの能力を発動することができます。

シャドバの基本ルール

初手の引き直し

シャドバ 初手の引き直し
ゲームが始まるとまず、最初に引いた手札の引き直しを行います。
 
この際、相手のデッキとの相性や先攻か後攻かにもよりますが、コストの重いカードが序盤から手札にあるとスタートが遅れる可能性があります。
 
そこで、コストの重いカードや相手との相性が悪いカードを交換し、引き直しを行います。

画面の見方とルール

シャドバ 画面の見方とルール
毎ターン開始時、カードを一枚引くことができ、PP(プレイポイント)が1増えます。
 
プレイヤーはこのPPを消費することで手札にあるカードをプレイ(使う)ことができます。場に置けるカードは5枚までで、それ以上置くことはできません。
 
もし、何らかのカードの効果で場に5枚以上カードが置かれる状況になった場合、6枚目からは強制的に墓地に置かれます。手札は上限が9枚で、10枚目からは同じく墓地に置かれます。
 
ゲームは「リーダーのHP20が0」、もしくは「山札が0」になるまで続きます。相手リーダーのHPが0になるようフォロワーもしくはスペルで攻撃しましょう。相手リーダーのHPを0にすることができれば、勝利となります。
 

 
ここに載っているものはシャドウバースの基礎中の基礎であり、全てではありません。
 
プレイを重ねることでルールを深く理解していきましょう。

関連キーワード
シャドウバースの関連記事
  • シャドバ
    【シャドバ】アリーナ攻略方法!5連勝する秘訣
  • シャドバ
    【シャドバ】2Pickの攻略まとめ『初級者前編』おすすめクラスの紹介!
  • シャドバ
    【シャドバ】デッキを強化しよう!カード生成の方法とコツ
  • シャドバ
    【シャドバ】初心者向け!用語解説と基本ルールの説明
  • シャドバ
    【シャドバ】驚異の15連勝!!現環境ドラゴンガン刺さりすぎる説
  • シャドバ
    【シャドバ】無課金で遊び続ける5つの方法!
  • シャドバ
    【シャドバ】ダークネス・エボルヴのカードが2Pickのカードプールから外れることによる影響
  • シャドバ
    【シャドバ】初心者必見!勝てるデッキの組み方4つのコツ!
おすすめの記事